中央区月島矯正日記

2017年05月12日

「日本歯科大学」の学生が・・・・

東京医科歯科大学で起きた刃傷沙汰は、女性がらみの話であるように報道されているが、定かではない。一方、昼のテレビを見ていたら、「日本歯科大学の学生」と出ていた。すぐに訂正は入ったが、この事件を見ていて、しかしそっちの方が納得できると思った歯科関係者は多かったのではないかと推測する。

歯学部の教育は学生とライターの関係である。ライターとは一般的な言い方をすればインストラクターだが、若い医局員や非常勤で開業医が教えるというものである。一種の徒弟制度のようなところがあるので、そこには感情的な問題がないわけではない。へたくそなクラウンのワックスアップを目の前でつぶされたなんていう話も聞く。一生懸命作ったものを目の前で壊されたら、切れやすい学生なら殴るかもしれない。

私が学生さんを教えていたことを考えると、「この野郎、刺し殺してやる」と思った人がいなかったとは言えない。私が今無傷でいられるのは、私が良いライターだったということではなくて、たまたま彼らに自制心というものがあっただけだったということかもしれない。そう考えると、私はラッキーの上に生きていると言えなくもない。

同じことを言っても、言い方によって喜びもすれば怒りもする。人にものを教えるということは難しいものである。生半可なことをすれば、相応のしっぺ返しが来るというものであろう。まあそれはそれとして、日本歯科大学の関係者の方は今頃ほっと胸をなでおろしているに違いない。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
月島矯正歯科
http://tsukishimaortho.kir.jp/
住所:東京都中央区月島2-15-16
月島眼科2F
TEL:03-3531-2224
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇