中央区月島矯正日記

2017年06月24日

豊洲も築地も

都議選もいよいよ公示となり、町には街宣車が走るようになってきた。それに合わせるように、小池都知事が豊洲市場についてゴーサインを出したようである。但し、築地に関しては売却をせず、再整備をして食のワンダーランドを作るという話であるようだ。

今回の騒動は、築地にこだわる一部勢力がマスコミや共産党を動員して反対キャンペーンを繰り広げているという構図に見える。報道などを見ていると、中卸という人達が強硬派であるように感じる。東京都民の世論は豊洲移転でいいということのようであるのにもかかわらず、遅々として進まないのはこういった人たちが強硬だからのようである。マスコミ出身である中央区長も当然からんでいよう。

かつて田園調布あたりに葬儀場を作ろうという話が持ち上がったときに、テレビに取り上げて、「こんなところに作る必要があるんでしょうか」とコメンテーターに語らせていた。一方、同じ大田区でもかつてわれわれが住んでいた町ではほとんど反対運動など相手にされないまま駅前に葬儀場のようなものができた。田園調布にはマスコミに顔の利く人間がいて、私の街にはいなかったということだろう。

今回の都知事の「豊洲も築地も」という言い方は、一見、移転賛成派と反対派の両派にいい顔を見せたように見える。しかし、実際にはとりあえずあっちに行くということを強硬派にOKさせるための方便のように聞こえる。なにしろ、豊洲はすでに出来上がっているにもかかわらず無為に放置されているばかりである。一方、築地再整備と言いながら、東京オリンピックでの使用が決まっており、移転直後の再整備はできない。再整備が具体化するころには小池百合子が都知事でいるという保証はない。

つまるところ、豊洲移転に反対しているのは共産党のみで、その他の政党は賛成なのだそうだ。あとは政党間の駆け引きと儀式なのであろう。つまらない駆け引きや儀式よりもはやく働いている人たちと生みだした新しい施設を全うに機能させてほしい。それこそ本当の「築地ブランド」というものだとおもうのだが、どうであろう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
月島矯正歯科
http://tsukishimaortho.kir.jp/
住所:東京都中央区月島2-15-16
月島眼科2F
TEL:03-3531-2224
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇