中央区月島矯正日記

2017年08月24日

今年の高校野球はよくホームランが出た

高校野球が終わって、今年の夏も終わった感じ。清宮が出なかった分、広陵高校の中村選手が大活躍した。大会6本のホームランは清原を超えた。

それにしても今年の大会はホームランが多い。大会記録を大きく塗り替えたそうだ。清宮がいたらもっと増えただろう。

でも、ちょっと出すぎじゃないのかという疑惑の声は上がっているようだ。解説としては、ピッチャーのボールが早くなった分、打球が遠くまで飛ぶのだとか。そうはいっても、去年よりピッチャーの球が速いかどうかなどわからない。

ホームランが多いというとまず思い出す「飛ぶボール」である。かつてプロ野球を大きく揺らした問題だ。あの頃は野球界がみんな嘘つきか何かのように言われていた。

もしも、今の高校野球で使用されているボールが「飛ぶボール」だとしたら、だれかが責任をとるということはあるのだろうか。それとも、今大会の条件は同じなのだからいいではないかといわれるのか。責任があるとすれれば高野連の会長ぐらいだろう。

甲子園ではラッキーゾーンが撤去されて久しい。ラッキーゾーンがなくなっても同じぐらいにホームランが出る。ラッキーゾーンという見てわかるおまけの代わりに、飛ぶボールという見てもわからないおまけをつけて試合を派手にしているということであるなら、高校野球はすでにプロ野球の一部になっていると言えるのではないだろうか。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
月島矯正歯科
http://tsukishimaortho.kir.jp/
住所:東京都中央区月島2-15-16
月島眼科2F
TEL:03-3531-2224
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇