中央区月島矯正日記

2019年09月28日

かっこにっぽんじん

日本人の意識調査をすると、さまざまな面で同じ東南アジアの国とは違うというデータが出るそうだ。

「権威・権力は尊重すべき」にイエスと答える日本人は、わずか3%しかいないという。

日本の社会は、退出不可の「ムラ社会」であるという。

そこには、無限責任=無責任が蔓延しているのだという。

野口悠紀雄の説を書く。

「日本は第二次世界大戦で生まれ変わったのではなく、戦時下の国家総動員体制が戦後も継続し、自由経済のふりをしていただけに過ぎない。」

それが通産省であり、護送船団方式だったという事で、自由競争を排除した社会だったという。

これは、独裁政治によって統制経済を行って自国の産業を育成するという発展途上国となんら違いはなかったともいえる。

政治哲学の4つの定義として、

リバタリアニズム=自由、リベラリズム=平等、コミュニタリアニズム=共同体、功利主義=進化論的な根拠を持たない正義

というものがあるそうだ。

どうもこの4つが頭に入ってこないのは、日本人だからか。

いちいち納得するところもあるが、同時にがっかりするところも満載である。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
月島矯正歯科
http://tsukishimaortho.kir.jp/
住所:東京都中央区月島2-15-16
月島眼科2F
TEL:03-3531-2224
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇