矯正治療の開始時期

矯正治療にはスタートするのにいい時期があります

矯正治療をスタートするのにいい時期というものがあります。お口の中を拝見して、いい時期かどうかを判断して治療の開始時期を御相談します。

乳歯列期

0000000001乳歯列期に反対咬合の症状を呈する患者さんがいらっしゃいます。臼歯が生える前に前歯のみで噛んでいる時期に、ちゃんとかめる部位がないため、反対で噛むようなことも見受けられます。普通は、臼歯が生えてくれば正常被蓋に戻ります。ごく稀に、正常被蓋に戻らない方がいます。
こういった場合、普通は永久歯の交換を待ちます。永久歯に交換する時に自然に正常被蓋になることもあります。また、小さいお子さんでは装置の装着が困難である場合も多いものです。

もちろん、反対咬合の原因が上下顎の大きさのずれである場合は、将来的な治療で手術を伴う場合が生じてきます。明らかに手術が必要である場合はしかるべき時期までは治療を行わないという場合もあります。
DSC01651.JPGこの時期には、最近出てまいりましたムーシールドというものを使う場合があります。装置を口の中に入れてもらうだけですので、痛いということはありません。ただし、口の中に物が入りますので、気持ちが悪いとか邪魔だといった理由から出してしまうお子さんもいらっしゃいます。

前歯部交換期

0000000001.jpg前歯部が交換するとき、特に側切歯が内側から生えてくることがあります。前歯4本が生えてから後ろの歯が交換を始めるまで、少し時間が空きます。したがって、この時期は一つの治療の時期と考えていいでしょう。乳歯と永久歯が混在している時期です。
この時期には、4前歯の叢生を直す場合と、反対咬合を直す場合とがあります。

治療が2回にわたることがあります

DSC04981ただし、この時期の治療は、必ずしも将来的な永久歯咬合の完成した後の治療を不要にするものではありません。前歯4本の配列と、後ろに生えてくる永久歯の配列とは関係はないわけです。
この時期に前歯4本を配列しようとした時、乳犬歯を抜歯しなければ入りきらないということがあります。これは永久歯犬歯の萌出余地を奪っているわけですから、犬歯が萌出しようとした時に、スペースが不足しているということになります。そうなりますと4前歯を配列した後、後ろから生えてくる永久歯の萌出スペースが足りず、叢生が生じることにもなります。
こういった場合、永久歯列完成後に再び矯正治療が必要になってくることになります。そうなりますと、トータルで見た治療期間は長いものになってしまいます。「早く始めれば早く終わる」とは限らず、むしろ「早く始めたぶんだけ長くなる」ということになる場合もあります。

側方歯群交換期

連続抜去

0000000002.jpg側方歯が交換する時期になりますと、八重歯が顕著になってきたりします。一般的に、第1小臼歯のほうが犬歯より先に萌出しますので、あとから出てくる犬歯が外側にはじき出される格好になるわけです。この時期に行われる治療として、連続抜去というものがあります。乳犬歯-第1乳臼歯-第1小臼歯を続けて抜歯するというものです。乳犬歯と第1乳臼歯を抜歯することで、犬歯と第一小臼歯の萌出を促します。最後に第1小臼歯を抜歯することで、犬歯の萌出スペースができるというものです。これは、明らかに犬歯の萌出スペースが不足していると判断できる場合に行います。こうすることにより、犬歯は自然に歯列内に萌出してきます。
この場合も、犬歯が歯列内に入った後に空隙が残ることがあります。そうなりますと、空隙を閉じるための矯正治療というものが必要になることもあります。

歯列の拡大

DSC01517.JPG抜歯するほどのスペース不足が認められない場合、歯列の拡大で対処することがあります。これは、歯列を側方、後方に拡大するというものです。
この場合も、拡大したのち永久歯が萌出してきたとき、ちょうどぴったり収まらないことがあります。そういたときには、永久歯の矯正治療が必要になります。

下顎骨の成長促進

PICT0087.JPG下顎骨は、10歳ごろから成長が進みます。この時期がちょうど側方歯群の交換期に当たります。かつてはこの時期にチンキャップを用いて下顎骨の成長抑制を行いましたが、最近ではあまり行われません。効果が期待できないうえに、顎関節に障害が出る可能性があると考えられてきたからです。
一方、上顎前突の患者さんでオーバーバイトが深い場合、上顎に妨げられる形で下顎骨の成長が抑制されることがあります。これを改善するために、噛みあわせを浅くするという装置を用いることがあります。

上顎骨の成長促進

0000000008.jpg上顎骨劣成長による下顎前突の場合、上顎骨の前方成長を促進させるような治療を行うことがあります。下顎骨に比べて、上顎骨の成長は終了するのが早いため、比較的若い時期に行う必要があります。MPAと呼ばれる装置がもちいられます。

永久歯列完成期

一般的な矯正治療を行うのに最も適した時期です

DSC08453.JPG乳歯から永久歯への交換が終わった時期は、フルブラケット治療を行うのに最も適した時期と考えられます。それは、骨が新しく可塑性に富んだ時期であるため、歯牙の移動が容易だからです。

反対咬合の患者さんはもう少し待ちます

DSC00939.JPGこの時期はまだ成長が完全に終了したわけではありません。したがって、下顎前突の患者さんの場合、治療の開始はもう少し後にしたほうがよいと考えられます。上顎前突、叢生といった下顎骨の成長には関係しない症例ではいつでもスタートできます。

成長終了期

手術を伴う治療を開始します

0000000005.jpg手術を伴うような治療が必要な患者さんの場合、あまり早い時期に手術を行ってしまうと、成長による後戻りということが起こることがあります。したがいまして、手術は、成長が終了したと思われるこの時期になってから行います。実際には、治療開始直後に手術をするわけではなく、ある程度先行して矯正治療を行ってからになります。したがって、成長の終了直後まで待つ必要はありません。とはいっても、はっきりと成長が終了したと断言する目安というものがありませんので、大体終わったと思われる高校生以降ということを一つの目安としています。

もちろん、大人になってからでも歯は動きます

0000000005.jpg矯正治療は子供のもの、とか、成長期でなければできないものといった考え方がいまだに残っているようです。少し前に見せてもらった衛生士学校の教科書にもそのような表現がなされていました。確かに、大人に比べて子供の矯正治療のほうが容易です。しかし、それはできないということとは違います。
むかし歯並びに限らず、「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ、もう手遅れだ」と患者を罵倒する歯医者が大勢いました。でも、こと矯正に関して手遅れということはほとんどありません。もっとも、「私には直せません」ということはあるかもしれません。

中央区の「月島矯正歯科」には子供だけでなく、大人も矯正治療に通っています

東京都中央区の矯正歯科専門歯科医院「月島矯正歯科」では、一般的な矯正法フルプラケット法はもちろん、透明で取り外し可能なマウスピース矯正、ホワイトニング治療を専門に扱っております。一方、虫歯や入れ歯といった保険治療は行っておりませんので、ご希望の患者さんに対しては保険治療が可能な医療機関 (歯科医院) をご紹介させて頂きます。
矯正歯科を始める時期に早い・遅いはございませんので、永久歯が生え始めたお子様に限らず、大人の方にも「月島矯正歯科」をご利用いただけますようお待ち致しております。

月島駅へは、都営大江戸線、東京メトロ有楽町線でお越しいただけます。中央区はもちろん、江東区、港区、文京区、新宿区からも便利です。近隣の佃、豊洲、勝どき、門前仲町、晴海などからお越しいただいております。