矯正治療のイメージ

抜歯・非抜歯のイメージ

写真上で、治療のシミュレーションをしてみましょう

治療の相談の際に、歯を抜いて治療するのか、歯を抜かないで治療するのかというお話をすることがよくあります。その際、歯を抜いた場合と抜かない場合についての治療後のイメージをお話ししています。とはいえ、はじめて聞くような話であるうえ、経験があるわけではありませんので、なかなか私たちが考えている治療後の姿と患者さんが想像するイメージとが一致しにくいというのが実際のところでしょう。 そこで、写真の上でどんな違いがあるのかを見てみましょう。

抜歯した場合はアーチが小さくなり、非抜歯では大きくなる

図1,2は抜歯をしたシミュレーションです。通常、歯を抜いて治療をする場合、臼歯部と前歯部との引っ張り合いになり、前歯部も後ろに下がりますが、臼歯部も前方に移動することになります。その量は、抜歯した歯の半分近くに及ぶと言われています。その点を考慮したシミュレーションになっています。この患者さんは、第2小臼歯がすでに抜歯されていてブリッジになっていますので、このブリッジを壊して、抜歯部位とします。したがって、第2大臼歯も抜歯されている右上の第1大臼歯はかなり前方に移動すると考えなければなりません。
一方、下の図3から6までは、抜歯・非抜歯の両方を作ってみました。でこぼこの量からしますと、10ミリぐらいにはなりますので、抜歯することも十分に考えられます。それを抜歯せずに並べるとすると、図4のようになります。写真からはみだし気味になっていますが、元の歯列から見ますと、これぐらいは外側に配列することになるのがお分かりいただけるでしょうか。一方、左右の第一小臼歯を抜歯したと想定したのが図5、6です。でこぼこの量が多いため、中切歯の位置はあまり変化しないことになります。それでも、全体的にアーチの大きさは小さくなります。
以上、二つの例をご覧いただけるとお分かりになると思いますが、抜歯した場合は、アーチが小さくなり、非抜歯で直した場合は、アーチが大きくなるわけです。アーチが大きくなれば、口元が今よりも外側に出てきます。逆に抜歯した場合の口元は今よりも下がるということになります。
ここまで、写真上で歯を並べる手順を示しました。もともとこれは模型上で行う操作でした。ところが、模型上では作業が大変であるうえ、元の状態との比較がしにくいという欠点がありました。写真上で重ねながら並べた場合、どこがどれだけ動いているのかがわかりやすいと思います。

DSC09757.JPG図1DSC09815.JPG図2
0000000007.jpg図3
0000000001.jpg図40000000005.jpg図50000000004.jpg図6DSC_0075.JPG図7

クリックすると拡大します。

顔のイメージはこんな具合です

口元が出たとか下がったとよく言います。上は、歯を抜かないで直した患者さんから作ったシミュレーションです。矯正の先生は、随分写真を切り刻むんですねと言われそうですが、まあそんなものです。下の方は、歯を抜いたと想定した場合のシミュレーションです。上は左がシミュレーション、下は右がシミュレーションと、ちょっと見にくくて済みません。

口もとのイメージが変わってきます

非抜歯で治療を行った場合、上下の歯は外側に出てきますが、鼻やあごの骨の位置はあまり変わりません。口唇が前に出てくるだけです。もちろん、口が閉じにくくなることから、若干の緊張感も出てきます。一方、歯を抜いた場合の口元が下がるというのは、下の方のような感じです。この場合、もとの口唇の状態がかなり緊張しているものが、緊張せずに口が閉じられるようになるため、こんなにギュッと閉じる必要がなくなります。

以上、お口の中とお顔の写真から、抜歯・非抜歯のイメージを表してみました。
矯正治療というものは、絶対に歯を抜くというものでもありませんし、絶対に歯を抜かないで直すというものでもありません。口腔内と顔貌の両方を勘案したうえで、最適と思われる方法をとることになります。

0000000003.jpg
0000000032.jpg

クリックすると拡大します。

実際の歯の動き

非抜歯治療

 DSC07421左上側切歯が中に入り込んでいます DSC08014 中切歯と犬歯の間にスペースができてきました
DSC08680犬歯が内側に入り、側切歯が外側に出てきています DSC00110左上側切歯が外側に出てきました

抜歯治療 左右第1小臼歯を抜歯しています

DSC01974犬歯を後ろに引っ張り始めました DSC03607犬歯が動き、前歯に隙間ができてきました
DSC07232前歯を後ろに引っ張る治療をしています DSC09173 すきまがとじました

中央区の「月島矯正歯科」には子供だけでなく、大人も矯正治療に通っています

東京都中央区の矯正歯科専門歯科医院「月島矯正歯科」では、一般的な矯正法フルプラケット法はもちろん、透明で取り外し可能なマウスピース矯正、ホワイトニング治療を専門に扱っております。一方、虫歯や入れ歯といった保険治療は行っておりませんので、ご希望の患者さんに対しては保険治療が可能な医療機関 (歯科医院) をご紹介させて頂きます。
矯正歯科を始める時期に早い・遅いはございませんので、永久歯が生え始めたお子様に限らず、大人の方にも「月島矯正歯科」をご利用いただけますようお待ち致しております。

月島駅へは、都営大江戸線、東京メトロ有楽町線でお越しいただけます。中央区はもちろん、江東区、港区、文京区、新宿区からも便利です。近隣の佃、豊洲、勝どき、門前仲町、晴海などからお越しいただいております。