矯正装置 フルブラケット法

こんな装置を使います

ブラケット、チューブ

DSC01097.JPGもっとも一般的な矯正の装置です。歯1本1本にこういった装置を付けていきます。ブラケットには、金属でできたタイプと、透明な材質でできたタイプがあります。チューブは臼歯につけます。

バンド

DSC01101.JPGブラケット同様、歯に巻きつけるバンドを使うことがあります。主に、臼歯部に使います。

ワイヤー

DSC01107.JPGブラケットは、いわば溝ということになりますが、その溝にワイヤーというレールを通します。ワイヤーは、ステンレス線と、柔らかいチタン・ニッケル線とがあります。柔らかいワイヤーから、しだいに太くてかたいワイヤーにサイズをあげていきます。

DSC01117.JPGブラケットを歯に装着するときには、特別な接着剤を用います。接着力を高めるために、歯の表面を酸で処理します。

つけた感じはこうです 愛称もつけてみました

メタルブラケット(メタリックシルバー)

DSC00178.JPG前歯部まで含めて、メタル製のブラケットを装着しています。

透明ブラケット(クリアーインプレッション)

DSC08733.JPG透明のブラケットを犬歯から犬歯まで使っています。

 

ホワイトワイヤー(ホワイトカラーエグゼンプション)

DSC09113.JPGワイヤーが目立つことを気にされる方には、こういった表面を白くコーティングしたものもあります。

保定装置:ブラケットをはずした後の装置です

ホーレータイプリテーナー

DSC06195.JPGせっかく歯並びがきれいになっても、ブラケットをはずした瞬間から、歯は後戻りを始めます。そのため、リテーナーという装置を使っていただきます。リテーナーには取り外しができるタイプと、固定式のものとがあります。
DSC06197.JPGこれは、取り外しができるタイプです。外側が針金、内側がプラスチックでできています。取り外しができますので、歯磨きがしやすくなります。ご飯も普通に食べられます。ただし、いつも口から外していると、歯は後戻りしてしまいます。

 

中央区の「月島矯正歯科」には子供だけでなく、大人も矯正治療に通っています

東京都中央区の矯正歯科専門歯科医院「月島矯正歯科」では、一般的な矯正法フルプラケット法はもちろん、透明で取り外し可能なマウスピース矯正、ホワイトニング治療を専門に扱っております。一方、虫歯や入れ歯といった保険治療は行っておりませんので、ご希望の患者さんに対しては保険治療が可能な医療機関 (歯科医院) をご紹介させて頂きます。
矯正歯科を始める時期に早い・遅いはございませんので、永久歯が生え始めたお子様に限らず、大人の方にも「月島矯正歯科」をご利用いただけますようお待ち致しております。

月島駅へは、都営大江戸線、東京メトロ有楽町線でお越しいただけます。中央区はもちろん、江東区、港区、文京区、新宿区からも便利です。近隣の佃、豊洲、勝どき、門前仲町、晴海などからお越しいただいております。