歯磨きの仕方

歯石の付着

一見きれいなようですが

0000000011.jpg正面から見ますと、一見きれいに見えます。でも、よく見ますと、下の歯の間に歯石が認められます。

固定式保定装置周辺に歯石が付着していました

0000000010.jpg歯の裏側に歯石が大量に付着していました。固定式の保定装置周辺に付着したものです。固定式装置をはずしたところが、こんな状態です。一般的に、下の前歯の裏側は歯石がつきやすいところといわれています。

虫歯による歯の喪失

治療途中で来なくなった患者さんです

0000000018.jpg他院で治療途中、来院しなくなってしまった患者さんです。
0000000020.jpg前歯だけでなく、奥歯も虫歯で、ほとんど崩壊状態です。

 

0000000019.jpg下の歯も奥歯が崩壊状態です。これでは、なんのために矯正したのかわかりません。こうならないためにも、歯ブラシはきちんとやりましょう。そして、何より、途中で来院しなくなるということのないようにいたしましょう。

矯正治療中のお掃除の仕方

歯磨きは、歯を清潔に保ち虫歯や歯周病にならないようにするものです。加えて、口腔内が不潔であれば、口臭の原因ともなります。矯正治療をしているいないにかかわらず、口腔内は清潔にしておかなければなりません。歯磨きに必要なのは、同じペースで・小刻みに・すきなく・ゆっくりと、ということにつきます。
同じペースで:ついつい力が入るところがあります。そういうところはスピードも速くなりがちです。スピードが速くなると磨き方も雑になり、磨き残しができやすいものです。
小刻みに:大きく動かすと磨き残しが増えることと、歯が削れてくさび状欠損を作る原因にもなります。
すきなく:きれいか汚れているかに限らず、順番に磨き残しがないように歯ブラシを当てていかなければなりません。そうでないと、必ず磨き残しができてしまうものです。
ゆっくりと;急いで歯ブラシを動かすと、それだけ磨き残しを作ることになります。

これは、一見やる気がないように見える磨き方ということになります。やる気を出して磨こうとすると、必ず一生懸命やるところとそうでないところができてしまうものです。

でも、一番大切なのは、洗面所で水を流しっぱなしにしないことです

ダウンロード (3)
いませんか、こういう人。
洗面所で水を流しっぱなしにして歯を磨いている人。蛇口をあけてから閉めるまでの間しか磨きませんということを自ら宣言しているわけですね。これでは、せいぜい30秒から1分程度しか歯磨きをしないということになるわけです。これぐらいの時間しか磨かないということになれば、どうしても磨き残しばかりになってしまいます。
加えて、この間に流される水はただの無駄ですから、地球環境にも負荷を加えているということになるわけです。

歯磨きをするときには、時間の制約を受けないように、ちゃんとすわって行ってほしいものです。くれぐれも水の無駄をしないように、まず蛇口は閉めてから始めましょう。

染出しをしてみます

0000000007.jpg染めだし液を付けて歯の汚れが見えるようにします。ブラケットの周りや、歯と歯の間などに汚れが付着しています。ブラケットがつくことにより、磨きにくい部分が増えたことが原因です。このまま放置しておきますと、上の写真のように、虫歯になったり、歯石がついて歯槽膿漏になったりします。

まず歯ブラシです

0000000004.jpg歯ブラシを使うことから始めます。細かいところを掃除するわけですから、時間をかけなければきれいにすることはできません。また、何もなければ1方向からだけ磨けばいいのですが、装置がついたことで、1方向からでは必ず磨き残しができてしまいます。そのため、ブラケットとワイヤーを境にして、上側、下側、そしてブラケットの上という風に、3つに分けて磨く必要が生じます。

ブラケットとワイヤーの上

0000000005.jpgブラケットとワイヤーの上を磨きます。歯ブラシは大きく動かすのではなく、1本ずつ磨くように心がけ、小刻みに震わせるように動かしてください。

ブラケットと歯肉の間を磨きます

0000000006.jpg歯肉付近の汚れは、歯肉に炎症を引き起こします。歯だけではなく、歯茎もマッサージするつもりで一緒に磨きましょう。

歯ブラシだけではきれいにならないところがあります

歯と歯の間はフロスが有効です

0000000002.jpg歯と歯の間の汚れは、矯正装置の有無にかかわらず、汚れが残りやすい部位です。ここは、フロスをもちいます。ただし、ワイヤーが入っていますので、うまくワイヤーの下を通すように入れる必要があります。

ワイヤーの下は歯間ブラシ

0000000003.jpgワイヤーの下は、歯ブラシが届きにくい部位です。ここは歯冠ブラシを用いて磨きます。

きれいになりました

0000000001.jpgお掃除が終了しました。歯は1本1本別々のものです。1本1本別々に磨くようにしなければ、なかなかきれいにはなりません。そのためには、時間をかけて磨いてもらうしかありません。消毒薬入りのうがい薬などでは、残念ながら歯垢は落ちません。丁寧にやる、それだけが健康な歯を守る手立てです。

中央区の「月島矯正歯科」には子供だけでなく、大人も矯正治療に通っています

東京都中央区の矯正歯科専門歯科医院「月島矯正歯科」では、一般的な矯正法フルプラケット法はもちろん、透明で取り外し可能なマウスピース矯正、ホワイトニング治療を専門に扱っております。一方、虫歯や入れ歯といった保険治療は行っておりませんので、ご希望の患者さんに対しては保険治療が可能な医療機関 (歯科医院) をご紹介させて頂きます。
矯正歯科を始める時期に早い・遅いはございませんので、永久歯が生え始めたお子様に限らず、大人の方にも「月島矯正歯科」をご利用いただけますようお待ち致しております。

月島駅へは、都営大江戸線、東京メトロ有楽町線でお越しいただけます。中央区はもちろん、江東区、港区、文京区、新宿区からも便利です。近隣の佃、豊洲、勝どき、門前仲町、晴海などからお越しいただいております。