院長紹介

今村 一信  / いまむらかずのぶ 月島矯正歯科 院長

メッセージ
私が矯正学を志したのは、美しいものが好きという理由からでした。ばらばらであった歯が、次第にまとまって歯列となっていくことに喜びを感じるのは、患者さん以上に私の方であったりします。そして、治療が終わった時に見せてくれる笑顔は、「これこそ美しい」といつも感じるものです。

矯正専門医を目指す場合、大学の医局に入るのが普通です。私の学んだ昭和大学では2年間のポストグラジュエートコースが設けてあって、専任のライターのもとに研修を行いました。研修は、講義のほかにレントゲンのトレース、ワイヤーベンディング、タイポドント(模型上で歯を動かすもの)・装置製作技工など多岐にわたります。論文を読み臨床の場で実際に患者さんを治療し、さらにはリサーチを行います。このポストグラジュエートコースが終了した後、さらに教室で自己研修を続けてまいります。10年以上の研鑽を積んで、やっと一人前の矯正家といわれるようになるといったところでしょうか。

治療は時間がかかります。最低でも1年ぐらいは通っていただくことになるでしょう。患者さんとのお付き合いも長くなります。そういった長いお付き合いをさせていただくからには、患者さんにとって、歯科医院は快適な空間であることが必要でしょう。同時に私という人間が快適でなければ患者さんにとって快適な治療を受けていただくことができないものとも考えています。

昭和34年9月 東京都出身
昭和53年3月 東京都立国立高校卒業
昭和60年3月 昭和大学歯学部卒業
昭和60年4月 昭和大学矯正科入局
昭和62年4月 昭和大学歯学部研究コース(歯科矯正学)入学
平成3年3月  同修了(歯学博士)
平成5年 3月 日本矯正歯科学会認定医資格取得
4月 昭和大学歯学部矯正科教室 助手
平成8年12月 同講師
平成9年 3月 同退職
平成26年10月 月島矯正歯科 開設

所属学会・研究会
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会

NLT矯正研究所インストラクター
第24回集合写真.JPG

日本矯正歯科学会認定医
0000000002.jpg

0000000015.jpg

患者さんの笑顔のために・・・中央区の「月島矯正歯科」院長の経歴を

東京都中央区の「月島矯正歯科」は、日本矯正歯科学会の認定医として30年以上臨床医療に携わってまいりました。歯並びのご相談は勿論、ホワイトニングもご用命ください。

月島駅へは、都営大江戸線、東京メトロ有楽町線でお越しいただけます。中央区はもちろん、江東区、港区、文京区、新宿区からも便利です。近隣の豊洲、勝どき、門前仲町、晴海などからお越しいただいております。