乳歯反対咬合

000000000100000000030000000004 0000000005
 
00000000060000000008-10000000009
乳児期の反対咬合は、あまり治療はしてきませんでした。それは、患者さんが若年であるため、治療に対する協力が得にくいこともさることながら、永久歯の交換時期に自然に改善される余地があるからです。 この患者さんは、チンキャップのみの使用で反対咬合を改善したものです。チンキャップは顎関節症を引き起こす危険があるうえ、下顎骨の成長抑制もあまり期待できないという理由から、近年その使用がめっきり減ったと言えます。一方、乳歯の時期のお子さんは組織適応力も高いため、顎関節症の危険性が低いと考えられます。また、嘔吐反射の強いようなお子さんでは口腔内の装置が使えない場合がありますが、その心配もありません。 本症例は3カ月の使用で被蓋が改善しました。もちろん、成長抑制によるものではありません。10年以上たってお見えになった時は、叢生もないきれいな歯列になっていました。 残念なことに、装置を付けて治療したこともすっかり忘れていました。
00000000190000000020